コリについて

コリの原因はなに?


コリの原因は筋肉が硬くなってしまうからだそうです。
同じ姿勢や、特定の筋肉ばかり使うと酸素・栄養不足になり乳酸菌が溜まってしまい筋肉が硬くなりコリや痛みが発生してしまうのです。
また、そのままの状態が続くと凝り固まった筋肉近くの血管が圧迫され血行を悪くしてしまいます。
そうすると乳酸等が流れて行かなくなり筋肉に溜まり続けるだけではなく、酸素の量も減り、ますます乳酸が作られてコリが酷くなっていってしまいます。
またコリが同じ所ばかりの時やほぐしても痛みが引かない時は末梢神経が硬くなった筋肉や溜まった乳酸等によってダメージを受けてしまっている可能性があります。

代表的なコリ

国民病とも言われる肩コリ。ひどい人は頭痛や吐き気等の症状も出ている方もいらっしゃいます。最近では揉んでもらっても一時的に良くなるだけでまた痛くなってしまうことが多くなっているようですが、その理由は何でしょうか。10年20年前の肩コリは肉体労働で大きな筋肉を酷使して発生していたものだが、現代はスマホやパソコン、長時間同じ姿勢などによる深層部にある小さな筋肉の疲労の積み重ねで起こっているそうです。こういったコリにはいくら表面の筋肉をほぐしても効果がないそうです。

首は細い骨と筋肉で5㎏ほどの重さがある頭を支えてるのでコリやすい個所なんだそう。またパソコンやスマホを長時間見ていることで同じ姿勢ばかりだったり、精眼疲労が原因にもなるそうです。首がこっていると不眠症や頭痛、めまい、うつ病等他の不調にも繋がってしまいます。また、肩と同様で首コリも深層部の筋肉が原因な事が多いそうなので自分で揉むだけでは改善は難しいようです。

あまり頭がこっているっていう自覚がある人はいないのではないでしょうか。しかし、頭の筋肉は見る動作や咀嚼する時等日常生活で常に動いているものなのです。また仕事の悩みなどの精神的なストレスも頭の筋肉を凝り固まらせる原因のひとつだと言われていて、ほぐしていかないと疲れは溜まっていく一方です。放っておくと脳の緊張状態が続き睡眠に悪影響を及ぼしてしまう事になります。

女性が特に気をつけなくてはいけない顔のコンディション。顔にも30以上の筋肉がありそれが凝り固まっているとお肌のトラブルになったり、たるみやむくみ、ゆがみの原因になってしまいます。顔がむくみやすい人や、他は細いのに顔だけがいつもパンパンになってしまう人も顔のコリを解消すればその悩みを解決できるかもしれません。